明日も元気で頑張ろう!

宝くじ高額当せん者が多い星座は

宝くじ当せん、最多は水瓶座! 高額当せん者の傾向発表

 

もし宝くじが当たったら…と、あれこれ想像を含ませたことは、誰しもだろう。みずほ銀行が先ごろ発表した『宝くじ長者白書』(最新版)によると、実際に高額当せん金を手にした人たちには、年齢、星座、イニシャルなど、いくつかの共通点があるという。平成25年度に1000万円以上の当せん金を受け取りに訪れた合計860人のアンケートから浮き彫りになった“当せん者モデル像”の傾向とは?

 

 

≪性別と年代≫男女ともに【60歳以上】がトップ! 職業別では2位に【無職】

 

 世代別でみていくと、男女ともに【60歳以上】が376人で断トツ。次いで2位に【50〜59歳】(186人)、3位に【40〜49歳】(162人)、4位【30〜39歳】(109人)、5位に【〜29歳】(27人)が続いた。男女別にみても、同じ並びになっている。ちなみに、職業別では【会社員】(358人)が1位。次いで【無職】(152人)が2位にランクインしている。働かずして1000万円以上の宝くじ当選とは、かなりの強運の持ち主といえそうだ。

 

≪星座≫もっともラッキーだったのは【水瓶座】

 

 12星座のなかで、もっとも高額当せん者が多かった星座は【水瓶座】(93人)。2位に【牡牛座】(83人)、【山羊座】(78人)がTOP3。一方、最下位は【射手座】(56人)とのこと。トップとワーストでは、その差37人となった。

 

≪購入歴≫購入歴の長さが幸運を引き寄せる!?

 

 宝くじの購入歴を伺ったところ、1位は【10年以上】(610人)で、この数字は全体の70%以上! 2位【5年以上10年未満】の108人を大きく引き離していることを鑑みると、継続して購入し続けることが、幸運を呼び込む傾向の1つといえそうだ。

 

 最後に、同調査では“高額当せんモデル人間像”を、男女とも購入歴10年以上の60歳以上で、男性は【水瓶座のイニシャルH.Kさん】、女性は【牡牛座のイニシャルM.Kさん】と結論付けている。

 

 現在、1等・前後賞合わせて最高5億5000万円が当たる『ドリームジャンボ宝くじ』は4日(水)まで発売。自分がどのタイプに当てはまるのか…夢を膨らませてみてはどうだろう。

 

10月から見てなくて、億どころではなく、4,000円也。トホホ・・いや来てるんだった!